関舞協ロゴ

私たちがショービジネスを支えます。
関西舞台テレビテクノアンドアート協同組合 [ KANBUKYO ]

女性部会

理事会に提言書が提出されました

2020年1月に関舞協理事会へ提言書を提出しました。

内容:「女性の働き方を考える」
(1)今日までバックステージ業界で働く女性に多いと考え られる悩み「家事・育児・介護等と仕事(長時間労働や 近年の人員不足等)を両立する難しさ」について
(2)現場や職務上の立場・状況が異なり現場労働環境の把握 や相互理解が難しい業界において全体に通じる意識改 革を行うことの必要性
(3) その他、女性の立場から見た働き辛い現場の環境について

目標
この業界を目指す女性が、育児・介護があっても働き続けられる職場環境をつくる。よりよい現場環境を作ることで業界の未来につなげる(人材の安定化)そのために女性部会も活動を確立していく。これらの解決に繋がる具体的な資料や案も提出されました。 理事会ではこの提言書を受け、これからの関舞協の課題として女性部会と検討を重ね、取り扱うことになりました。

 

第2回「女性の働き方について考えるミーティング」

2019年8月28日(水)に行いました。
「育児」「介護」「長時間労働」に共通する問題点を抽出し、それに対しての解決策・改善策を考え「提言書」として提出する形を作りました。
各社宛のアンケートを配布する為に内容を精査していきます。

 

第1回「女性の働き方について考えるミーティング」

日 時
2019年6月26日(水)13:00~16:30
場 所:関舞 事務局
参加者:9名
内容:
2019 年3月12日に関舞協主催「働き方改革講習会」の第2部としてマイドームおおさかにて行われた「女性の働き方を考える会」キックオフ会にて皆さんからお寄せいただいたアンケートを集計し発表をした内容をもとに、再度問題を洗い出しすることを目的とし開催されました。

TOP